予防・検診

「健康診断」はなぜ大切なの?

当院では、日頃からの定期的な予防や 検診をおすすめしています。

動物病院に行くのは、ペットが病気になったときだけ、と考えている方はいませんか?

しかし、「いざ」というとき慌てないためにも、普段から病院とコミュニケーションをとっておくのは大事なこと。動物病院は、診察や治療だけではなく、病気を予防するためのさまざまな情報や手段を得られる場所でもあるのです。

今回は、「健康診断」を通じて、大切な家族であるワンちゃん、ネコちゃんの健康を守る方法を考えてみましょう。

飼い主さんが動物の不調に気付くのは、外からみてわかる症状が始まったときがほとんどです。人間なら「ちょっと調子が悪いかな?」と思ったら、自分から病院へ行くこともできますが、 動物の場合はたとえ気分が悪くて吐き気があったとしても、それを飼い主さんに訴えることはなかなかできません。そして飼い主さんは、動物が吐いたときに初めて、異常に気づくのです。

動物は、ちょっと見ただけでは何ともないように見えて、実は病気が始まっていることがよくあります。特に慢性疾患と呼ばれる病気では、「食欲が落ちる」 「咳をする」「嘔吐する」といった、外から見て分かる症状が始まったときには、既に手遅れであることも少なくありません。こうした 手遅れを少しでも減らすためにも、健康診断は定期的に受けるようにしたいものです。

動物病院では、健康診断をいろいろな形で実施しています。皆さんの犬や猫に健康診断を受けさせたいと思ったら、まずはかかりつけの動物病院に相談してみましょう。きっと、その子の状態や年齢に応じた診断メニューについて、相談に乗ってくれるはずです。