予防・検診

「健康診断」では何をするの?何がわかるの?

健康診断では、具体的に何をするのか? ご紹介していきます!

ところで、ひとくちに「健康診断」といっても、実際にはどんなことをするのかわからないというオーナーさん、
あるいは、「問診」「触診」程度なら別に必要ないのでは?と考えてしまうオーナーさんもいるかもしれません。

ここでは、一般的な検診の内容を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

問診ではペットに代わってオーナーさんが、ペットの状態を獣医師に説明します。普段食べているフードの内容や食餌の回数、室内飼育なのか屋外飼育なのか、ほかに飼っている動物はいないかなど、そのペットの基本情報を伝えます。

また、病院を変わったりした場合には、前回のワクチンはいつだったか、避妊や去勢の手術をしているかどうかなどを伝えることも必要です。こうした基本情報を踏まえたうえで、体重が適正か、皮膚の状態や毛づやの様子、目の輝きが健康的であるかなどの身体検査を行います。

便や尿にも健康状態が現れます。
普段と様子の違う便や尿をしたら要注意、重大な病気が隠れていないとも限りません。

顕微鏡や検査数値でわかることはもちろ んですが、家での排泄の回数や量の変化も重要な情報なので、気づいたことがあれば書き留めて、問診の際先生に知らせましょう。

また便や尿は、病院についてからではなかなか採取できないため、
健康診断に行くことがわかっている場合には、
直前のものをあらかじめ用意して持参すると良いでしょう。

血液検査では、さまざまな身体の状態がわかります。

貧血を起していないかどうか、肝機能や心機能は正常か、糖尿病や高脂血症を起していないかなど、
ほとんどのことがわかるといっていいでしょう。

また、犬ではフィラリア予防の前に必ず血液検査をしてから予防に入ります。
猫の場合は、猫エイズ(FIV)・猫白血病ウイルス(FelV)・猫伝染性結膜 炎(FIP)の感染や、トキソプラズマについても調べることができます。

ペットの病気予防と早期発見にとって、血液検査は不可欠な要素といえるでしょう。

触診だけではわからない体内の変化を、レントゲン検査では調べることができます。

骨折や脱臼などの整形外科的疾患はもちろんのこと、心臓や肝臓などの様子や、腫瘍の発見、腸内の異物の検査にもレントゲン撮影が用いられます。

さらに、レントゲンではわかりにくい副腎や腎臓、胆のうなどには超音波検査(エコー検査)を行います。エコー検査は、妊娠時の検査や子宮の病気の際にも適しています。

また、心電図をとっておくと、心臓病の早期発見にもつながります。